Hatena::Groupmemorandum

空想長寿館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-07-20「肉こそパワーの源」長寿のカギにぎる肉食シニア 鬱や自殺予防にも

「肉こそパワーの源」長寿のカギにぎる肉食シニア 鬱や自殺予防にも効果が…

| 12:21 | 「肉こそパワーの源」長寿のカギにぎる肉食シニア 鬱や自殺予防にも効果が… - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「肉こそパワーの源」長寿のカギにぎる肉食シニア 鬱や自殺予防にも効果が… - 空想長寿館 「肉こそパワーの源」長寿のカギにぎる肉食シニア 鬱や自殺予防にも効果が… - 空想長寿館 のブックマークコメント

なんでもバランスでしょうね!

 高齢者に「肉好き」が増えている。健康維持に効果があるとされた粗食とは一線を画し、「お肉こそパワーの源」と話す高齢者も。肉は老化防止に役立ち、積極的に食べる人ほど長生きするとの専門家の指摘もある。“肉食シニア”は、長寿への鍵をにぎっているようだ。(三宅陽子)

 ■300グラムのサーロインステーキ

 「お肉を食べるとパワーが出る」。梅雨の晴れ間がのぞいた6月上旬、東京都豊島区巣鴨のステーキ店「中輪手(なかわで)」で、横浜市の井出三津彦さん(69)は網焼きされた牛タンを口いっぱいに頬張る。

 「私たちの小さいころ、肉は最高のごちそうであこがれだった。今はお年寄りの方が肉好き。若い人の方が粗食なのでは」と井出さん。同じく「肉好き」という友人の篠原丕(ひろし)さん(70)も「おいしいねえ」とはしを進める。

 同店にはステーキを目当てに訪れる高齢者も多く、「300グラムのサーロインステーキを注文する方も多いですよ」とオーナーの林富雄さん(65)は笑う。

 高齢者が好む食事といえば穀類や野菜を中心とした粗食が思い浮かぶが、団塊の世代を含む今の60代は「肉好き」へと変化している様子がうかがえる。

 厚生労働省の平成25年の調査によれば、60~69歳の1日の肉類摂取量(平均値)は77グラムで、10年前の57グラムから増加。40~60代の男女2700人に「肉料理が好きか」を尋ねた博報堂新しい大人文化研究所の24年の調査でも、60代の男性の86・0%、女性の78・7%が肉料理を「好き」と答えた。

 ■認知症など老化予防にも寄与

 「今の60代はバブルを経験している世代。さまざまな食経験があり、ブランド牛など高級な肉も若いころから食べてきた人が多い。肉料理を普段の食事の中に抵抗なく取り入れており、外食でも肉を好んで食べている」

 肉好きの高齢者が増えている背景について、日本元気シニア総研・研究委員で栄養士の藤原隆子氏はそう語る。

 肉を食べる習慣があることは、高齢者の健康維持にも大きく貢献するようだ。

 「もともと高齢者は加齢に伴って食が細くなりがち。低栄養状態にも陥りやすい。栄養不足の状態が続くと、細菌やウイルスに対する抵抗力が衰えたり、血管の壁がもろくなったりと老化が進行する。認知機能が低下しやすいことも分かってきている」と藤原氏。こうした老化予防に役立つとして注目を集めるのが肉だという。

 ■バランスよい食事と生きがいを感じながら生活

 桜美林大名誉・特任教授(老年学)の柴田博氏も、「肉をしっかり食べることは、健康に長生きするためには欠かせない」と話す。

 肉からは良質なタンパク質を取ることができるといい、ほかにも脂肪を燃焼させてエネルギー源とする「カルニチン」▽食べることで幸福感をもたらす「アナンダマイド」▽鬱や自殺予防に効果があるとされる「トリプトファン」-といった心身の健康維持に必要な成分も多く含まれる。鉄分も多いという。

 柴田氏によると、植物性食品に偏っていた日本人の食事は昭和40年ごろからコメが減り、肉や牛乳などの動物性食品の摂取量が増える「食の欧米化」が進行した。全タンパク質に対する動物性タンパク質の割合が50%を超えた50年代半ば以降、日本は初めて平均寿命の世界一となったという。

 厚生労働省によると、50~60代、70歳以上の高齢者が1日に取るべきタンパク質の推奨量は男性が60グラム、女性が50グラム。具体的には、薄切り肉なら3枚程度(約60~70グラム)、魚なら一切れ(約80グラム)といったところだ。

 ただ、肉だけを食べていればいいというわけではもちろんない。柴田氏は「多様な食品をバランスよく取ることが重要。食品を多様に取っている人ほど生活機能の低下が少ないことも分かっており、動物性タンパク質はもちろんのこと、いろいろな食品を満遍なく取ってもらいたい」とアドバイス。適度な運動も取り入れ、生きがいや楽しみを感じながら日々の生活を送ることも重要なポイントといえそうだ。

産経新聞 7月20日(月)10時30分配信

空想長寿館

2015-07-19「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加

「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加

| 17:38 | 「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加 - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加 - 空想長寿館 「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加 - 空想長寿館 のブックマークコメント

ヤバい!当てはまるなw

 人間の体を作る食べ物は、がんともかかわりがある。特に次のような食生活ががんリスクを高めてしまうと、国立がん研究センターの笹月静さんは警告する。

「塩辛い食べ物が好きで、野菜や果物をあまり食べない、毎日2合以上のお酒を飲むという人は、がんにかかる確率が高くなります」

 さらにこのような生活を続けていると、がんだけではなく、脳卒中や糖尿病などの生活習慣病を促すことに。では、どんな食生活をすればいいのか?

「国立がん研究センターの研究では、野菜や果物に含まれるビタミン類が、多くのがんのリスクを低くするという結果が出ています。1日に、野菜と果物を合わせて400g程度、摂るのが理想です。また、青魚に含まれるn-3系脂肪酸を摂ることで、大腸がんの中の結腸がんや肝がんにかかるリスクが低くなる。そして、大豆に含まれるイソフラボン類も複数のがんにいいという結果も出ています」(笹月さん)

 これらをバランスよく摂ることで、がんリスクを減らそう。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号

空想長寿館

2015-06-18水だけで1か月間……榎木孝明さんの「不食」 医学的には問題ないの?

水だけで1か月間……榎木孝明さんの「不食」 医学的には問題ないの?

| 12:48 | 水だけで1か月間……榎木孝明さんの「不食」 医学的には問題ないの? - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 水だけで1か月間……榎木孝明さんの「不食」 医学的には問題ないの? - 空想長寿館 水だけで1か月間……榎木孝明さんの「不食」 医学的には問題ないの? - 空想長寿館 のブックマークコメント

食べないと食べることしか考えられなくなりますがw

 俳優の榎木孝明さんが30日間の「不食?」を行い、話題になっています。スポーツ報知の記事によると、榎木さんは5月20日からほとんど水しか摂取していないにもかかわらず“元気で顔色も肌つやもいい”とのこと。しかし、長い期間食事をとらなかったり、ごく少ししかとらなかったりすることは、果たして健康に良いと言えるのでしょうか? 調べてみました。

「食べない」ことの医学的根拠は?

 記事によると、榎木さんは不食を実践したことで“集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。”など効果を実感しているとのことです。ネットで検索すると「プチ断食?」や「絶食療法?」など、一定期間食べなかったり、食べる量を極端に制限したりする健康法は多く提唱され、実践する人も少なくないことがわかります。では医学的には、どの程度根拠があるのでしょうか?

 2013年にドイツのシャリテ・ベルリン医科大学の研究者が、専門家の管理の下で1~3週間にわたって1日200~500kcal程度の食べ物しかとらずに過ごした場合の効果をまとめた論文を発表しています。(日本人の場合、一般的な成人の摂取エネルギーは男性で2000~3000kcal程度)

 論文によると、前述のような食事制限を行うことで「関節リウマチ」「慢性痛症候群」「高血圧」「メタボリックシンドローム」などの病気について良い効果が認められたとしています。その理由として、食物を減らすことによってホルモンのバランスが変化したり、老化の原因となる活性酸素が減ったりすることがあるのではないか、と考察しています。

 では、いわゆる断食療法?は健康に良い効果があると断言して良いのでしょうか? 論文を発表した研究者は「断食療法は慢性疾患の予防や治療に利用できる可能性はあるが、さらなる研究によって検証する必要がある」としています。もっと大規模にその効果を調べる研究が行われるまでは、本当に効果があるかどうかについてはなんとも言えない、というのが正直なところのようです。

 一方で進化的に人間に近いアカゲザルに対して行われた研究では、食事から摂取するカロリーを通常の7割程度にすることによって、寿命が延びる可能性が示されています。まだ研究の途上ですが、少なくともいま標準とされている食事量より少なめの食事を続けることによって、健康に良い効果があるかもしれない、ということは言えるかもしれません。


健康への害は生じないの?

 食べないことによって、健康に害が生じることはないのでしょうか? 一般的に健康な人であれば、水を飲んでさえいれば1か月程度絶食したとしても餓死することはないと言われています。

 人類の進化の歴史の中で、現代のように常に安定して食物を得られる状況はむしろ例外的な時期であり、私たちの体には、1か月程度食べ物を手に入れられなかったとしても耐えられるような仕組みが作られているからです。脂肪や筋肉などの形でエネルギーが貯蓄されており、食べ物が少なくなれば、それを分解することで生命活動を維持することが出来ます。

 しかし、完全に安心して良いわけではありません。例えばビタミンなど、私たちが生きていく上で必須にも関わらず、体の中で作り出すことが出来ない栄養素はたくさん存在します。また食べ物をとらない時期が続くと、私たちの体は脂肪を分解してエネルギー源としますが、この際にできる「ケトン体」という物質が増えるとまれに「ケトアシドーシス」という状態になり、失神など深刻な事態を引き起こす危険があります。

 榎木さんは専門家による厳密なチェック体制のもとで「不食」を行ったとのことですが、こうした慎重すぎるほど慎重な姿勢こそが求められるのかもしれません。

断食療法」本当の効果は?

 冒頭に紹介したドイツの論文に、興味深い記述を見つけました。

「断食の大きな効果として、生活習慣の改善のきっかけとなることが挙げられる。おそらく断食を行ったことが後押しとなり、その後も、健康的な食生活を続けようという意識が芽生えるのだ」

 断食を行った人では、その後も野菜中心の食生活になるなど、一般的に健康的とされる食生活が維持されるケースが多いことがわかってきました。つまり一時的に食べる量を減らす生活をすることは、食べ物の貴重さを改めて意識することにつながり、過食や偏った食生活を見直すきっかけになる可能性があるということです。それこそが、もっとも大切な効果だと言えるのかもしれません。

THE PAGE 6月18日(木)10時16分配信

空想長寿館