Hatena::Groupmemorandum

空想長寿館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-06-12実は間食が健康にいい 医師が勧める“おやつ選び”のポイント

実は間食が健康にいい 医師が勧める“おやつ選び”のポイント

| 20:27 | 実は間食が健康にいい 医師が勧める“おやつ選び”のポイント - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 実は間食が健康にいい 医師が勧める“おやつ選び”のポイント - 空想長寿館 実は間食が健康にいい 医師が勧める“おやつ選び”のポイント - 空想長寿館 のブックマークコメント

空腹だとイライラして精神衛生上も良くないですよね☆

 メタボリックシンドロームや隠れ肥満・脂肪肝など、食生活にまつわる健康懸念は多い。糖尿病の専門医としてテレビなどでも活躍する、しんクリニック院長の辛浩基先生は、こう話す。

「『健康診断でひっかからない限り、血糖値は気にしない』『血糖値が問題になるのは、糖尿病の人だけ』と誤解している人がいますが、それは大きな間違い。血糖値は、多くの人が感じている肉体的、精神的な疲れにも大きく関わっています。そして、血糖値の変動を少なくするために注目されているのが、大豆などの“低GI食品”なのです」

「血糖値」とは血液中の糖(血糖)の量を示す値のことで、食事をすると上昇するが、血糖が増えるとインスリンというホルモンが分泌されて、糖が全身の臓器に取り込まれるため、血糖値は一定に保たれる仕組みになっている。ところが、インスリンがうまく働かないと高血糖の状態が続き、血管がダメージを受ける。これが“糖尿病”で、現在では日本人の5人に1人がこの病気の疑いがあるといわれている。

「血糖値が急上昇・急降下を繰り返すのも、非常に危険です。例えば、ラーメンやうどんといった麺類・丼ものなど、糖質の多い食事を摂ると、食後に血糖値が急激に上がることがあります。その後、インスリンの働きで一気に下がるのですが、この時、軽い低血糖状態となり、頭痛や目のかすみ、空腹感、眠気など、さまざまな不調が起こることがあるのです」(辛先生)

 特に注意が必要なのは、もともと“食後血糖値”が高い人。通常、健康診断や人間ドックでは空腹時血糖値は測定するが、食後血糖値は特別な検査をしないとわからない。しかし、この値が高い人は、健康な人に比べて血糖値が上がりやすいという。

「血糖値が急激に上がると、糖や脂質が活性酸素に攻撃され、『カルボニル化合物』という物質が作られます。この物質は、体内でコゲやサビのようなものを増やし、さまざまな臓器の機能を低下させたり、老化を促進したりするのです。また、DNAを壊したり、細胞を変成させたりもするため、細胞でエネルギーが作られにくくなり、肉体的にも、精神的にも疲れやすくなります。

 そのほか、血管内にコゲやサビが増えると、免疫細胞がそれを攻撃して、脂肪のかたまりを作ります。これが動脈硬化。血管がボロボロになり老化が加速します。さらに、コゲは肌のシミやシワ、たるみなどの原因にもなります」(辛先生)

 こうしたトラブルを防ぐには、血糖値の乱高下を防ぐことが重要。その鍵を握っているのが、“GI値(グリセミック・インデックス)”だ。GI値とは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値で、この値が高い食品の代表は、白米、パン、麺類など、精製度の高い穀物を使ったものや、砂糖を多く使うお菓子。これらを摂ると血糖値が急上昇しやすい傾向がある。

 一方、主な低GI食品は、豆類、野菜(いも類を除く)、きのこ類、ナッツなど。これらの食品では糖が穏やかに吸収されるため、血糖値の乱高下を招きにくい。2003年にWHO(世界保健機関)は、低GI食品について「過体重、肥満、2型糖尿病のリスクを低減させる可能性がある」と報告している。

「血糖値の乱高下や、食後高血糖を予防するためにも、低GI食品は有効です。その中でも、特に推奨したいのが大豆。大豆は豆類の中でもGI値が際立って低く、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な食品です。納豆や豆腐、みそなどの大豆食品を普段の食事に取り入れるのはもちろんですが、間食に大豆を使用した焼き菓子などを摂るのも、血糖値の乱高下を防ぐのに役立ちます」(辛先生)

 間食が血糖値の改善に役立つと言われると意外な気もするが、この考えには科学的な裏付けがあるという。

「GI値を提唱したトロント大学のジェンキンス博士が提唱した『セカンドミール効果』という概念があります。これは、最初に摂った食事=ファーストミールが、次の食事後の血糖値に影響するというもの。例えば、午後のおやつに低GI値食品を摂ると、夕食後の血糖値上昇を抑えることができます。今のところ、セカンドミール効果が確認されているのは、大豆や大豆製品、アーモンドなどのナッツ類です」(辛先生)

 ある研究では、「間食に大豆バーを食べたグループは、せんべいなどの米菓子を食べたグループだけでなく、間食を摂らなかったグループに比べても、食後血糖値が低かった」という結果が出ている。

 しかし実際に間食で食べられているものをチェックすると、大塚製薬が実施した「間食調査」(首都圏の30~50代ビジネスパーソン・1200名対象)では、1位「チョコレート・チョコレート菓子」75.1%、2位「クッキー・ビスケット」58.2%、3位「せんべい」50.3%、次いで「スナック菓子」39.3%、「キャンディ・ぐみ」36.8%が並ぶ。また、明治が実施した「ビジネスパーソンのおやつ事情に関する調査」(20~50代男女・800名対象)でも、1位「チョコレート菓子」60.7%、2位「チョコレート」58.1%、3位「せんべい・おかき」37.6%、4位「スナック菓子」32.3%、5位「飴」27.1%と、ほぼ同じ結果が出た。

「間食というと、甘いお菓子を選びがちですが、低GI食品である大豆バーや豆菓子・ナッツ類はコンビニなどでも手に入るので、間食にしやすい食品だと思います。血糖値の変動による不調を抑える効果が期待できるだけでなく、腹もちがよく、空腹感が抑えられますから、肥満や生活習慣病の予防にも繋がるでしょう。空腹をがまんしてストレスを溜めるよりも、間食に適した、おやつ選びをしてもらいたいですね」(辛先生)

NEWS ポストセブン 6月10日(水)16時6分配信

空想長寿館

2015-06-02毛細血管を健康に保つことが、老化を遅らせる鍵に!

毛細血管を健康に保つことが、老化を遅らせる鍵に!

| 21:29 | 毛細血管を健康に保つことが、老化を遅らせる鍵に! - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 毛細血管を健康に保つことが、老化を遅らせる鍵に! - 空想長寿館 毛細血管を健康に保つことが、老化を遅らせる鍵に! - 空想長寿館 のブックマークコメント

血流を上げるにはビタミンEが効くと聞きますが、、、

「これまで医療の現場で重要視されてきたのは、もっとも太い血管、硬くなると心臓や脳の病気につながる動脈でした。しかし今、最先端の医学研究者たちががぜん注目しているのは、毛細血管?なのです」

とは、ハーバード大学医学部教授の根来秀行さん。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり世界的に活躍する医学博士である。

「血管は動脈、静脈、毛細血管の3種類。全部つなげると全長10万km、地球を2周半する長さで、面積にすると7000平方メートル、サッカーグラウンド1面分にもなるいちばん大きな臓器です。動脈と静脈は三層になっていますが、毛細血管は内膜のみで構成されているためとても細く、直径は髪の毛の10分の1ほどしかありません」

だからこそ、体の隅々の細胞で働くことができる臓器でもあるという。

血管というと、読んで字のごとく、全身に血液を流す管なのだが、血管の働きはそれだけではないと根来さん。

「血管には、自ら成分を分泌する働きもあります。体中に網目のように張り巡らされている毛細血管は、血管の9割を占めており、そこでは、体を健康に保つため物質交換が行われているのです。

たとえば、肺の毛細血管では二酸化炭素と酸素の交換が行われ、腎臓の毛細血管では老廃物がろ過されます」

動脈から送られてきた酸素や栄養素を全身の各細胞に配り、代わりに二酸化炭素や老廃物を受け取る『現場』が、毛細血管というわけだ。

「つまり、毛細血管は命の営みの最前線の現場であり、人の健康を左右する非常に重要な臓器だといえるわけです。老化を遅らせるためには、血管を健康に保つこと、とりわけ毛細血管を元気にすることが大きな鍵なんですよ」

毛細血管を元気にする方法は、適度な運動、バランスのとれた栄養、といたってシンプル。健康な生活を心がけて、毛細血管もイキイキさせよう。

OurAge 6月2日(火)21時0分配信

運動は大切ですね☆

空想長寿館

2015-05-25寿命のばすカギは「家族以外の3つのコミュニティー」

寿命のばすカギは「家族以外の3つのコミュニティー」

| 21:26 | 寿命のばすカギは「家族以外の3つのコミュニティー」 - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 寿命のばすカギは「家族以外の3つのコミュニティー」 - 空想長寿館 寿命のばすカギは「家族以外の3つのコミュニティー」 - 空想長寿館 のブックマークコメント

無趣味の「濡れ落ち葉」では、生きていてもつまらないのでは?

 日本でも各大学の社会疫学研究者や医師が興味深い分析結果を出している。岩手大学の平井寛准教授らの分析では、所得別でみた男性の最下層の死亡リスクは、最富裕層の3.5倍、女性は2.48倍高い。経済的ゆとりの感覚も影響する。日本医科大学の海原純子特任教授らは、ゆとりがないとする男性(20~44歳)は「主観的健康不良感」を訴える割合が、ゆとりある男性の約4倍高いと日本人間ドック学会で発表している。

 心の健康度アップも期待できる。千葉大学の近藤克則教授らが政令指定都市25区と25市町村を対象に趣味サークルへの参加率と自殺率の関連を分析したところ、3年間の自殺率の平均値は、集まりへの参加率が40%超の市区町村は40%未満の地域より明らかに低い。

AERA  2015年5月25日号より抜粋

ゆとり意識は単にお金の問題ではないように思いますが、、、

空想長寿館

2015-05-16食品リスクの認識  専門家とずいぶん違う?

食品リスクの認識  専門家とずいぶん違う?

| 06:22 | 食品リスクの認識  専門家とずいぶん違う? - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 食品リスクの認識  専門家とずいぶん違う? - 空想長寿館 食品リスクの認識  専門家とずいぶん違う? - 空想長寿館 のブックマークコメント

一朝一夕というよりも何年も蓄積されてくると怖いかなと思います。

調査は、健康への影響について気を付けるべきと考える項目や、ガンの原因になると考える項目などについて実施。内閣府がその結果を、専門知識の有無による違いに着目して取りまとめた。

 顕著だったのは、現代の食生活で気を付ける必要があるものの順位。専門家は、タバコ、過食や偏食、アレルギー、飲酒、輸入食品、健康食品・サプリメントについて、半数以上がそれぞれ2位、4位、6位、7位、8位、9位と回答したが、一般消費者は、それらの項目がすべて11位以下。逆に農薬や食品添加物、ダイオキシン、BSEなどについて、一般消費者は気にしているが、専門家はすべて11位以下だった。

 ガンの原因になると考える項目についても同様。タバコに関しては差異なく危険性を認識しているものの、一般消費者はやはり、食品添加物やカドミウム、残留農薬などを心配。専門家はこれらについての数値はいずれも3~5%と低い。

オーヴォ 2015年5月15日(金)14時30分配信

中国から毒入り餃子なんてのもありましたよね!

空想長寿館

2015-05-15握力で心臓病リスクを判定、国際研究

握力で心臓病リスクを判定、国際研究

| 14:56 | 握力で心臓病リスクを判定、国際研究 - 空想長寿館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 握力で心臓病リスクを判定、国際研究 - 空想長寿館 握力で心臓病リスクを判定、国際研究 - 空想長寿館 のブックマークコメント

なんでも健康で丈夫だったら長生きしそうですが、、、

世界17か国の35~70歳の患者14万人近くを対象に、4年間にわたり健康状態の経過観察を行い、検診ごとにジャマー型油圧握力?計と呼ばれる機器を患者たちに握らせ、筋力を測定した。

 その結果、4年の調査期間で、握力が5キロ低下するごとに、何らかの原因による死亡リスクが16%増加する関連性が認められた。またこの握力低下は、心臓発作?リスクの7%増、脳卒中?リスクの9%増にそれぞれ関連していた。

 今回の研究では収縮期血圧?(最高血圧)よりも握力の方が、早死に関する有意な予測因子であることが判明した。年齢、たばこやアルコールの摂取、教育水準、職業的地位などの健康に影響を及ぼす要因を考慮した場合も同じ結果が得られた。だが、糖尿病、呼吸器系疾患、転倒による外傷または骨折などと握力との関連性は認められなかった。

AFP=時事 2015年5月15日(金)12時16分配信

握力血圧よりも早死にに関する優位な予測因子であるとしても、握力を鍛えても心臓発作脳卒中のリスクは減らないんじゃないかと思いましたがいかがでしょうか?

空想長寿館