東京国立博物館

備忘録をつけるグループです。読んだ本や観た映画の記録はもちろん、発売日や公開日のメモにもどうぞ

東京国立博物館

沿革・紹介

明治5年に開館した日本で最初の博物館です。
日本を中心にした東洋のさまざまな国や文化の美術作品、歴史資料、考古遺物などを集めて大切に保管しています。こうした収蔵品に関する調査と研究を行い、展示をしてお客様にご観覧いただき、さらに講演会や展示解説などにより、お客様によりたのしくご理解いただけるよう工夫をしています。

東博の展示には、平常展と特別展があります。平常展は、主に所蔵品と東博でお預かりしている寄託品で構成されます。作品の材質や状態によって定期的に展示替えを行っています。中でも絵画、書跡、染織、漆工作品は保存上の理由で4〜8週間ごとに作品の入れ替えを行っています。 特別展はあるテーマを設定した大規模な企画展示で、年5回程度開催されています。テーマによっては全国各地または世界中から作品を集めることもあります。 展示館は全部で5つ。本館では日本の美術を、東洋館では東洋の美術と考古遺物を、平成館1階では日本の考古遺物を、法隆寺宝物館では法隆寺献納宝物を展示しています。平成館の2階と表慶館では、特別展などを開催します。

日本を中心とする東洋の美術作品と考古遺物を収蔵しています。その数は11万件以上。なかには国宝88件と重要文化財610件(平成18年3月現在)が含まれています。

東京国立博物館

* はてなダイアリーキーワード:東京国立博物館