Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-05 (土)

[][] 版画の青春 生命を描く、大正期『月映』の時代(町田版画美)  版画の青春 生命を描く、大正期『月映』の時代(町田版画美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-08-05.土〜2006-09-24.日

会場

町田市立国際版画美術館 企画展示室1

http://www.city.machida.tokyo.jp/event/shisetsubetsu/hanga/

備考

 本展は大正期の版画を紹介し、その時代の表現の志向性、表現の内容などを再考察する展覧会です。

 「版画の青春」とは版画家であり版画史研究家でもあった小野忠重が、自著のタイトルに付したことばです。

 大正期は版画を含めて、白樺派が主張した個性主義の影響下に、喜びや悲しみ、官能や狂気、愛や恋愛希望、苦悩、恐怖といった個人の内なる感情や葛藤を積極的にさらけ出す表現が流行した時代です。「生命」に根ざしたそれらの美術は、耽美的、象徴的、ロマン的な表現を生み出し、自然を模倣した明治の表現とは全く異なる、大正期特有の内面的表現世界をつくりだしました。『月映』は恩地孝四郎田中恭吉、藤森静雄という画家志望の青年たちの熱い友情によって発行された版画誌で、死の病に倒れた友人への心情を赤裸々に表出したものなど、青年純粋な気持ちを濃密に表現した木版画をおさめ、この点でも「版画の青春」というイメージと重なっています。

 本展覧会では、この『月映』の版画を中心に、大正初期から関東大震災大正12年)前までの、大正期らしい、主観的で個性的表現が見られる版画約160 点と若干の資料を四つのコーナーによって紹介し、この時代の美術表現の特徴を浮き上らせます。90年ほど前の作品ですが、現代人が見ても共感する表現が見つかると思います。

すごく楽しみ

拝見

200609


[][] 所蔵作品展 近代日本美術 060805-061015(近美) 19:44  所蔵作品展 近代日本の美術 060805-061015(近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

Modern Japanese Art from the Museum Collection

http://www.momat.go.jp/Honkan/permanent20060805.html

期日

2006-08-05.土〜2006-10-15.日

会場

東京国立近代美術館

http://www.momat.go.jp/

出品作品

http://www.momat.go.jp/Honkan/list20060805.pdf

備考

4階特集コーナー:詩と絵画

古賀春江三岸好太郎恩地孝四郎らの絵画、版画作品と、それらにあわせて作られた詩をご紹介します。彼らの詩と絵画は、響きあいながら私たちの想像力を刺激するでしょう。

3階版画コーナー:駒井哲郎・清宮質文

それぞれ銅版画、木版画と技法は異なれ、静謐かつ叙情的な作風に共通点をもつ駒井哲郎と清宮質文の版画世界をご紹介します。

3F写真コーナー:北井一夫 「村へ」

高度経済成長の影で、消えゆく伝統的な暮らしと、それをとりまく風景を記録した北井一夫の「村へ」。1976年に第一回木村伊兵衛賞受賞作に選ばれるなど、70年代半ばの日本写真界を代表する仕事です。

ギャラリー4:ばらばらになった身体 Body in Pieces

この展覧会は、当館の所蔵品の中から選んだ彫刻、写真、絵画など約25点によって、「ばらばらになった身体」というテーマをさまざまな角度からご紹介するものです。

拝見

前期 200608

後期 200609


[][] 近代洋画巨匠たち 浅井忠 岸田劉生 そしてモネ泉屋博古館分館) 14:31  近代洋画の巨匠たち 浅井忠 岸田劉生 そしてモネ(泉屋博古館分館) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-08-05.土〜2006-10-09.月

会場

泉屋博古館分館(東京

http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

備考

泉屋博古館分館のコレクションの奥深さを示す分野のひとつに近代洋画部門の作品群をあげることができます。

今展では、浅井忠、三宅克己の珠玉の水彩画文部省美術展覧会(文展)に出品された藤島武二「幸ある朝」、岡田三郎助「五葉蔦」、山下新太郎「読書の後」、松山省三「芝居茶屋の娘」、渡辺ふみ子(亀高文子)「離れ行く心」、渡辺與平「ネル着物」などの女性像を始め、和田英作こだま」、梅原龍三郎「姑娘卿々弾琵琶図」、岸田劉生「麗子六歳之像」、「二人麗子図(童女飾髪図)」、中川紀元「少女」、小磯良平踊り子二人」、森芳雄「女性たち」などの女性像を特集展示、さらに藤島武二「大王崎」「室戸遠望」、熊谷守一「野草」「鴨跖草(つゆ草)」、坂本二郎の300号の大作「二馬壁画」、「箱」、梅原龍三郎北京長安街」、岸田劉生「晩秋の霽日」「自画像」「冬瓜葡萄図」、曾宮一念「ザボン」などの諸作を第一、第二展示室の両室全部を使用して展示します。

時間があれば是非見たい。

拝見

200608

藤島武二「幸ある朝」、岸田劉生などよかった。


[] 大好き 絵すごろく展(学習院19:19  大好き 絵すごろく展(学習院) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060703


[] 丸木位里 俊夫妻「原爆の図」(美の巨人たち11:05   丸木位里 俊夫妻「原爆の図」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

夏休み美術館へ行こう シリーズ(2)

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地日本

原爆投下直後の広島を訪れた2人。「地獄もこれよりおそろしゅうはない」光景を目のあたりにしました。

やがて、戦争が終わり、東京に戻ると平和で明るい絵を描こうというのが仲間たちの合言葉になっていました。

あの広島の姿を描かねばと思い立ったのは、原爆が落とされてからなんと3年もたっていた日の雨の降る夏の夜の事でした。「どちらがいったともなくいって、ぞうっとしてよりそいました」そうです。

視聴

しなかった。

ゲスト



トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060805