Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-29 (土)

[][] は・こ・ぶ 「ゆうたい」ってなに??(ていぱーく) 19:36  は・こ・ぶ 「ゆうたい」ってなに??(ていぱーく) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-07-29.土〜2006-08-31.木

会場

逓信総合博物館 ていぱーく 3階企画展コーナー

http://www.teipark.jp/

備考

郵便業務のために開発された用品はアイディアにあふれ、デザイン的にも面白い道具がたくさんあります。しかし、お客様の目にとまることはなかなかありません。

そこで今回は、歴史をたどり郵便物輸送の中心だった「郵袋」を展示します。

現代ではパレット・ケースにその主役を取って代わられてしまいましたが郵便歴史の大半を共に歩んだ郵袋を通し、郵便事業の現場の歴史も垣間見ていただけます。さらに、実際に働く人の姿を写真パネルなどで展示するほか外国の郵袋も紹介します。

■展示資料 

日本の郵袋(航空郵袋・赤地郵袋・並郵袋)

・郵袋を運ぶ風景写真

外国の郵袋

拝見

200608

[] 棟方志功御大弁財天御妃尊像図」(美の巨人たち10:59   棟方志功「御大弁財天御妃尊像図」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

夏休み美術館へ行こう シリーズ(1)

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地日本

彼は、言います。「版画とは板の命を彫り起こすこと。つくるものではなく、生まれてくるもの」。

版画家棟方志功は、壮絶な板との格闘の一方で、常にもうひとつの世界にあこがれ続けていました。それは、肉筆画です。

彼はこんなことも言っています。「版画は僕の呼吸そのもの。肉筆画は筆が勝手に動き出す、油絵を描いているときが一番楽しい」。そんな彼が油への道を諦め、版画という道を突き進んで行った理由とは?

視聴

しなかった。

ゲスト



トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060729