Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-03 (土)

[][] 特別展 唐鏡(泉屋博古館分館) 11:08  特別展 唐鏡(泉屋博古館分館) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-06-03.土〜2006-07-23.日

会場

泉屋博古館分館(東京)

http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

備考

日本にも強く影響を与えた隋唐時代の文様モチーフは、その大多数が主要金属工芸品である鏡に表現されています。それらは鏡製作の発達とともに、当時の世相や社会風潮を敏感に反映して、時期によって大きくスタイルを変化させています。

本展覧会では、泉屋博古館蔵品に、国内美術館収蔵の名品を加え、このような唐鏡の全貌を、とくに文様にスポットをあててご紹介いたします。

鏡に興味あり。時間があれば是非見たい。

拝見

200607


[][] NIPPONの美 切手・葉書原画でたどる日本美術(ていぱーく) 14:05  NIPPONの美 切手・葉書原画でたどる日本美術(ていぱーく) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-06-03.土〜2006-07-17.月

会場

逓信総合博物館 ていぱーく 1階特別展示場

http://www.teipark.jp/

備考

上村松園による幻の絵葉書原画をはじめ、原画作品を一挙公開!

当館所蔵の切手・葉書原画には、近現代を代表する画家の描いた作品が多くあります。その中には、上村松園、宮本三郎、川合玉堂らによる不発行絵葉書原画もあります。展覧会では、これらの知られざる幻の原画作品と併せて、美術作品を図案とした切手のデザイン画を展示し、日本美術の歴史をたどりながら切手・葉書の美術的な世界をご紹介します。

入場者には、記念品として不発行絵葉書原画の複製絵葉書(原画:上村松園「融」、宮本三郎「編もの」)を毎日先着100名様に差し上げます。

(1) 切手でみる日本の美術

(2) 郵便の創業と近代美術

(3) 現代の美術と切手・葉書

拝見

2006-06.

無難な展示だった。戦争関連の物件が極小だったのが印象に残っている。

ゲスト