Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-06 (日)

[] 再「藤田嗣治 ベールを脱いだ伝説画家」(新日曜美術館10:53  再「藤田嗣治 ベールを脱いだ伝説の画家」(新日曜美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

放送局

日本放送協会 教育デジタル教育1

備考

20世紀初頭のパリで、藤田嗣治は「乳白色の肌」と呼ばれる裸婦像でパリ画壇の頂点にのぼりつめた。しかし第二次世界大戦下、藤田日本戦争記録画の制作に没頭。そのことが原因で、戦後日本と決別し、異国で生涯を閉じる。以後、人と作品は伝説ベールに包まれてきた。2006年日本で初めて藤田の生涯の作品を一同に集めた展覧会が開かれている。番組ではゲスト評論家立花隆さんを迎え、伝説画家真実に迫る。

アートシーンは京都国立博物館開館110年記念「美のかけはし」展~宗達筆「国宝 風神雷神図屏風」展示・「エルミタージュ美術館 エミール・ガレとドーム兄弟」展(渋谷)ほか。

視聴

していない。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060806

2006-08-05 (土)

[] 丸木位里 俊夫妻「原爆の図」(美の巨人たち11:05   丸木位里 俊夫妻「原爆の図」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

夏休み美術館へ行こう シリーズ(2)

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地日本

原爆投下直後の広島を訪れた2人。「地獄もこれよりおそろしゅうはない」光景を目のあたりにしました。

やがて、戦争が終わり、東京に戻ると平和で明るい絵を描こうというのが仲間たちの合言葉になっていました。

あの広島の姿を描かねばと思い立ったのは、原爆が落とされてからなんと3年もたっていた日の雨の降る夏の夜の事でした。「どちらがいったともなくいって、ぞうっとしてよりそいました」そうです。

視聴

しなかった。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060805

2006-07-30 (日)

[] 「シャガール 望郷舞台画」(新日曜美術館10:48  「シャガール 望郷の舞台画」(新日曜美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

放送局

日本放送協会 教育デジタル教育1

備考

7月に開館した青森県立美術館。その記念展となるシャガール展の会場で、バレエのための舞台背景画など作品の数々を鑑賞しながら、アメリカ亡命時代のシャガール像に迫る。

アートシーンは「ルーヴル美術館展」「人間国宝 三輪壽雪の世界」「旧朝香宮邸のアール・デコ展」 「美術のなかの写(うつし)展」「没後50年 丸木スマ展」「澤田知子展」。

視聴

していない。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060730

2006-07-29 (土)

[] 棟方志功御大弁財天御妃尊像図」(美の巨人たち10:59   棟方志功「御大弁財天御妃尊像図」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

夏休み美術館へ行こう シリーズ(1)

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地日本

彼は、言います。「版画とは板の命を彫り起こすこと。つくるものではなく、生まれてくるもの」。

版画家棟方志功は、壮絶な板との格闘の一方で、常にもうひとつの世界にあこがれ続けていました。それは、肉筆画です。

彼はこんなことも言っています。「版画は僕の呼吸そのもの。肉筆画は筆が勝手に動き出す、油絵を描いているときが一番楽しい」。そんな彼が油への道を諦め、版画という道を突き進んで行った理由とは?

視聴

しなかった。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060729

2006-07-23 (日)

[] 「若冲 21世紀へのメッセージ」(新日曜美術館10:46  「若冲 21世紀へのメッセージ」(新日曜美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

放送局

日本放送協会 教育デジタル教育1

備考

アートシーンは「さようなら、ナム・ジュン・パイク展」「エコール・ド・パリ展」「世界の絵本展」 「森鴎外美術展」「クレパス画名作展」「雅俗 浮世絵に見る風雅と風俗展」。

視聴

していない。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060723

2006-07-22 (土)

[] ルソー「私自身、肖像=風景」(美の巨人たち10:56  ルソー「私自身、肖像=風景」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地フランス

アカデミックなものが全く存在せず、まさに子どもが描いたような世界は、無邪気なルソーだからこそ創ることができた世界。いわば、彼は“独創こそ芸術である”と証明した画家だったのです。

視聴

しなかった。

2006-07-16 (日)

[] 「柳宗悦の家 初公開!美の思索の拠点」(新日曜美術館14:23  「柳宗悦の家 初公開!美の思索の拠点」(新日曜美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

放送局

日本放送協会 教育デジタル教育1

備考

2006年の5月、東京駒場にある旧柳宗悦邸が、柳の死後45年ぶりに生前の姿によみがえった。柳が設計したこの家は、柳の民芸思想が随所に詰まった空間で、柳がのこした作品である。最近、最晩年の日誌も発見され、死の直前まで思索の探求をし続けていたことなど、人間・柳の姿が明らかになりつつある。柳邸を訪ね、柳宗悦の生活空間の魅力やそのこだわりを浮き彫りにし、柳の思想とその半生を探る。

視聴

していない。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060716

2006-07-15 (土)

[] シャルダン「赤えい」(美の巨人たち14:26  シャルダン「赤えい」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地フランス

ルーブル美術館に収められたジャン・シメオン・シャルダンの描いた『赤えい』。画面中央の、生々しく腹を裂かれた巨大な赤えいに、思わず釘付けになってしまう、迫力ある作品。

一歩下がって見ると、赤えいの横には、牡蠣の上で脚を踏ん張り、毛を逆立てている猫がいます。他には、細長い葱、そして食器が点在しています。台所という地味な舞台を抑えた色調で描きながら、見るものを思わず引き込んでしまいます。

視聴

しなかった。

2006-07-09 (日)

[] 「梅原龍三郎 ルノワール伝説真実」(新日曜美術館12:08  「梅原龍三郎 ルノワール伝説の真実」(新日曜美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

放送局

日本放送協会 教育デジタル教育1

備考

近代洋画巨人梅原龍三郎が亡くなって20年。その伝説が、いま書き換えられようとしている。20歳でフランス留学した梅原が、到着の翌日、美術館で出会った作品に衝撃を受け、ルノワールに弟子入りした話はあまりにも有名。しかし、今回撮影することができた梅原の日記からは、これと異なった事実が浮かび上がった。梅原とルノワール、2人の関係を見直し、新たな梅原像を提示する。出演は、大原美術館館長・高階秀爾氏。

視聴

していない。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060709

2006-07-08 (土)

[] 伊藤若冲若冲プライス」(美の巨人たち12:14  伊藤若冲「若冲とプライス」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地アメリカ日本

アメリカロサンゼルス郊外に住むジョー・プライス氏は世界屈指の日本美術コレクターです。彼が所有する伊藤若沖・作『鳥獣花木図屏風』は、日本画とは思えない程の、強烈な原色が使われ、奇想天外ともいえる世界が広がります。18世紀の“デジタル花鳥図”とも譬えられている程です。

視聴

しなかった。

東博企画展プライスコレクション「若冲江戸絵画」展」(id:kashoh:20060704)関連。この番組で、また観客動員数が増えるのかも。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060708