Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-18 (金)

[][] わたしいまめまいしたわ 現代美術にみる自己と他者(近美) 11:02  わたしいまめまいしたわ 現代美術にみる自己と他者(近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

Self / Other

http://www.momat.go.jp/Honkan/Self_Other/index.html

期日

2008-01-18.金〜2008-03-09.日

会場

東京国立近代美術館 企画展ギャラリー

拝見

後期 200803

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20080118

2008-01-07 (月)

[][] 親子兄弟力士展(相撲博) 17:04  親子兄弟力士展(相撲博) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2008-01-07.月〜2008-02-15.金

会場

両国国技館 相撲博物館

http://www.sumo.or.jp/museum/index.html

拝見

200801

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20080107

2008-01-02 (水)

[][] 所蔵作品展 近代日本の美術 080102-080320(近美) 11:11  所蔵作品展 近代日本の美術 080102-080320(近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

Modern Japanese Art from the Museum Collection

http://www.momat.go.jp/Honkan/permanent20080102.html

期日

2008-01-02.水〜2008-03-20.木

  • 前期:2008-01-02.水〜2005-02-17.日
  • 後期:2008-02-19.火〜2008-03-20.木

会場

東京国立近代美術館

http://www.momat.go.jp/

出品作品

http://www.momat.go.jp/Honkan/permanent20080102/list19-4.html

拝見

後期 200803

[][] 特集 国吉康雄 -寄託作品を中心に-(近美) 11:11  特集 国吉康雄 -寄託作品を中心に-(近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

Yasuo Kuniyoshi

http://www.momat.go.jp/Honkan/Kuniyoshi2008/index.html

期日

2008-01-02.水〜2008-03-20.木

会場

東京国立近代美術館本館 ギャラリー4(2F)

出品作品

http://www.momat.go.jp/Honkan/Kuniyoshi2008/list.html

拝見

200803

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20080102

2007-11-03 (土)

[][] 北欧モダン デザイン&クラフト(オペG) 17:18  北欧モダン デザイン&クラフト(オペG) - 日心月亡 を含むブックマーク

Nordic Modernism, Design and Crafts

http://www.operacity.jp/ag/exh88/index.html

期日

2007-11-03.土〜2008-01-14.月

会場

東京オペラシティアートギャラリー

http://www.operacity.jp/ag/

拝見

200711

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20071103

2007-10-20 (土)

[][] ポップ道 1960s-2000s(都現美) 18:34  ポップ道 1960s-2000s(都現美) - 日心月亡 を含むブックマーク

MOTコレクション

http://www.mot-art-museum.jp/jyosetu/106

期日

2007-10-20.土〜2008-04-13.日

会場

東京都現代美術館 常設展示室

拝見

200804

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20071020

2007-10-06 (土)

[][] 木版画東西対決 仏教版画から現代版画まで(町田版画美) 17:14  木版画東西対決 仏教版画から現代版画まで(町田版画美) - 日心月亡 を含むブックマーク

開館20周年記念展覧会・秋の企画

期日

2007-10-06.土〜2007-11-25.日

会場

町田市立国際版画美術館

http://www.city.machida.tokyo.jp/event/shisetsubetsu/hanga/

拝見

200711

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20071006

2007-04-19 (木)

[][] パリ洋画家たち百年の夢(藝大美) 05:45  パリへ 洋画家たち百年の夢(藝大美) - 日心月亡 を含むブックマーク

黒田清輝藤島武二、藤田嗣治から現代まで 東京藝術大学創立120周年企画

http://www.geidai.ac.jp/attached/art_museum/exhibit/2007/paris/paris_ja.htm

期日

2007-04-19.木〜2007-06-10.日

会場

東京藝術大学大学美術館 展示室1、3、4

http://www.geidai.ac.jp/attached/art_museum/

備考

東京芸術大学創立120周年を記念し、東京美術学校とその後身の東京芸術大学卒業生と教員による名作約100点を通して、 日本固有の「洋画」というジャンルの歩みを振り返るとともに、その将来を見つめます。 気鋭の画家としてパリから帰国した黒田清輝は、明治29(1896)年東京美術学校に西洋画科が新設されると、 その指導的立場に就き、美術団体「白馬会」の設立とも併せて、日本洋画壇を形成していきます。 以降、1900年パリ万博参加を契機として、画家たちは新しい表現と思想を求めてパリをめざし、 その成果と葛藤日本洋画壇に大きな影響を与えてきました。留学を終えて帰国した和田英作と浅井忠は、 後進の育成に邁進しました。また藤島武二、梅原龍三郎安井曾太郎は、 西洋画伝統日本感性を融合させた独自の表現世界を展開します。 1920年代以降は、パリ画壇の寵児となった藤田嗣治をはじめ、画家たちは国際性と個性の両立を模索しました。 そして洋画家たちの挑戦は現在も続きます。明治から平成まで、パリへ渡った洋画家たち百年の夢の軌跡をたどります。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20070419

2007-04-14 (土)

[][] 藤森建築路上観察:第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展(オペラG) 05:30  藤森建築と路上観察:第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展(オペラG) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.operacity.jp/ag/exh82/

期日

2007-04-14.土〜2007-07-01.日

会場

東京オペラシティアートギャラリー

http://www.operacity.jp/ag/

備考

藤森自身、そして彼とともに「路上観察学会」を結成した赤瀬川原平作家アーティスト)、南伸坊イラストレーター)らの計6名による、建築都市にかかわるまだ知られざる新しい方向を、世界で初めて明かにしたと言われるヴェネチアでの展覧会日本凱旋します。

東京オペラシティアートギャラリーの会場では特別プロジェクトも加わり、ヴァージョンアップした内容をご覧いただきます。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20070414

2007-04-10 (火)

[][] 新入生歓迎・春の名品展(藝大美) 05:50  新入生歓迎・春の名品展(藝大美) - 日心月亡 を含むブックマーク

藝大コレクション展

http://www.geidai.ac.jp/attached/art_museum/exhibit/2007/collection200704/

期日

2007-04-10.火〜2007-06-10.日

会場

東京藝術大学大学美術館 展示室2

http://www.geidai.ac.jp/attached/art_museum/

備考

この展覧会には、新入生たちに美術館の活動を知ってもらいたいという願いもさることながら、上野を訪れる多くの一般鑑賞者に芸大コレクションの質の高さ、幅の広さを知ってもらいたいという美術館としての願いがこめられています。今後、この時期に開催する春季コレクション展は、芸大の主要な名品が鑑賞できる機会として定着させていく予定ですが、今年は、国宝重要文化財を中心とした名作を古美術品から厳選し、さらに明治から昭和にかけての各分野の代表作を加えた名品選といたします。

また、近年新しく収蔵した作品についてもその一部をお披露目いたしますので、企画展以外の美術館の活動を紹介する好機となることでしょう。

総点数およそ45点で構成する小規模な展覧会ですが、芸大コレクションの精髄をお楽しみいただけるものと思います。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20070410

2007-04-07 (土)

[][] 澁澤龍彦 幻想美術館埼玉近美) 04:30  澁澤龍彦 幻想美術館(埼玉近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.operacity.jp/ag/exh82/

期日

2007-04-07.土〜2007-05-20.日

会場

埼玉県立近代美術館

http://www.momas.jp/

備考

フランス文学者小説家美術エッセイストである澁澤龍彦(1928-1987)の没後20年を記念する展覧会です。

龍彦は、埼玉名家である澁澤一族の本家「東の家」の直系で、武州銀行に勤める武の長男として生まれました(本名は龍雄)。本展は、雑誌「コドモノクニ」などに熱中した「昭和少年」としての顔に始まります。文学の世界では、マルキ・ド・サドユイスマンス翻訳者・紹介者として脚光を浴びますが、澁澤は一方で既存の美術史の枠にとらわれることなく、多くの美術家たちを紹介しました。マニエリスムの時代からシュルレアリスム近世から同時代の日本美術家まで、澁澤が紹介した美術家の作品を展示し、その嗜好や視点を探ります。また、1960年代三島由紀夫土方巽唐十郎など、文学演劇美術の先鋭たちがジャンルを超えて緊密に結びつく時代でした。澁澤の周囲には、引き寄せられるかのように芸術家たちが集まり、一種のサロンの様相を呈していたといわれています。そのような交友のなかで、澁澤龍彦が時代をどのようにリードしてきたかを検証し、その美的視野の全体像を提示しようとする展覧会です。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20070407