Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-05 (木)

[][] 理知と官能女性蕗谷虹児1920年代パリの香りと日本の抒情(弥生美) 04:20  理知と官能の女性美 蕗谷虹児展 1920年代パリの香りと日本の抒情(弥生美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2007-04-05.木〜2007-07-01.日

会場

弥生美術館

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

備考

大正ロマンの旗手としてデビュー昭和に入って一世を風靡した挿絵画家蕗谷虹児(ふきやこうじ)(1898〜1979)は、童謡「花嫁人形」の詩人(25歳の作)でもありました。

日本画修行した後、エコール・ド・パリの一員としても活躍した彼の抒情画には、日本情緒とエキゾチズムが同居し、描かれたヒロインは深い官能を秘めながら、同時に理知的でもあります。

矛盾する感性を融合させ、独自の美をつくりあげた蕗谷虹児……初公開資料を含む作品の数々により、無垢な詩魂を貫いた、その生涯を辿っていただきます。

待っていた!蕗谷展。楽しみ

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20070405