Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-11 (木)

[][] 未来を担う美術家たち「DOMANI・明日」展2007(東郷美) 20:29  未来を担う美術家たち「DOMANI・明日」展2007(東郷美) - 日心月亡 を含むブックマーク

文化庁芸術家在外研修の成果

期日

2007-01-11.木〜2007-02-18.日

会場

損保ジャパン東郷青児美術館

http://www.sompo-japan.co.jp/museum/index.html

備考

>>

第10回目を迎える今回は、従来の派遣年度、洋画日本画などのジャンル別構成ではなく、派遣国別に12カ国30名という構成で開催致します。


[][] 退任記念 野田哲也展:日記(藝大美) 06:00  退任記念 野田哲也展:日記(藝大美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2007-01-11.木〜2007-01-28.日

会場

東京藝術大学大学美術館 地下2階展示室

http://www.geidai.ac.jp/museum/

備考

日本の現代版画を代表する作家のひとりである野田哲也は、写真を使ったシルクスクリーンと木版を組み合わせて自身の日常の断片を描いた〈日記シリーズによって、独自の作品世界をつくりあげ、国際的な評価を受けてきました。

本展は、2007年3月の東京藝術大学美術学部版画研究室教授退任を記念し、〈日記シリーズ1968年記念すべき第一作から現在までの作品のうち主要な版画と立体マルチプル、初期の貴重な習作など、あわせて70点を展示し、野田哲也の歩みをご覧いただきます。

拝見

200701

[][] 羽生出展:面と空間の詩学(藝大美) 06:01  羽生出展:面と空間の詩学(藝大美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2007-01-11.木〜2007-01-28.日

会場

東京藝術大学大学美術館 3階展示室

http://www.geidai.ac.jp/museum/

備考

羽生出は34年にわたって母校東京藝術大学絵画科油画研究室で後進の指導にあたるとともに、国画会展、80年会展、個展を主に発表活動を続けてきました。初期の色彩豊かな構成による室内人物の情景や、詩情豊かな静物と風景を構成した魅惑的な具象作品から、いくつかの表現形式を経て、現在の分割による色面と空間の構成へと表現の幅を広げてきました。羽生出の眼は一貫して「自然」に向けられ、その確固とした視点は、自然の持つ様々な様相を探求し絵画という場へ引き込んできました。その制作思考は緩やかな揺らぎの中で、「自然」からの形をテーマとしています。自然と対峙する様は寄せては消える波のように、ダイナミックな流れの一端を作品として昇華し、作品の変容する様は四季のようでもあります。

本展は、2007年3月の東京藝術大学美術学部油画研究室教授退任を記念し、油彩・水彩・素描およそ100余点で構成し、羽生絵画の全貌をみてとれる展覧となっています。

拝見

200701

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20070111