Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-17 (火)

[][] 東京人生、写真人生、Aノ人生 荒木経惟東京人生」(江戸博) 17:16  東京人生、写真人生、Aノ人生 荒木経惟「東京人生」(江戸博) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-10-17.火〜2006-12-24.日

会場

東京都江戸東京博物館 常設展示室5階 第2企画展示室

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

備考

1940年東京下町三ノ輪に生まれ育った荒木は、40年以上にわたり、“東京”という街、人々、時代を撮り続けてきました。

本展は、三河島戦前からあるアパートに住む小学生の兄弟や仲間のこどもたちの日々の姿を生き生きととらえた『さっちん』(1963年)から2006年の最新作まで約600点による個展を、江戸東京博物館全体を会場にして行います。

1960年代から今に至るまで、現在進行形の荒木の魅力を多彩な内容で紹介する本展を通じて、時代によって変貌を遂げてきた東京という都市の姿が浮き彫りとなり、そこに生きる人々の生と死の記録、人間の姿、孤独と悲哀、生きる悦びが描きだされることでしょう。

拝見

200610


[][] 化け物の文化誌展(科博) 09:40  化け物の文化誌展(科博) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.kahaku.go.jp/event/2006/10bakemono/index.html

期日

2006-10-17.火〜2006-11-12.日

会場

国立科学博物館 第1会場」本館地下1階展示室 第2会場:本館地下多目的

http://www.kahaku.go.jp/

備考

「昔の化け物は昔の人にはちゃんとした事実であったのである。」(寺田寅彦「化け物の進化」より)

河童天狗、龍、麒麟、鵺(ヌエ)・・・。かつての日本人にとって、「彼ら」は実際に存在する生き物でした。しかし明治近代化の中で、「彼ら」は伝承の彼方に置かれました。今再び、科学の目から化け物に光を当てます。

拝見

200611

[][] ようこそ!自販機ワールドへ 自販機産業の過去現在未来(科博) 09:40  ようこそ!自販機ワールドへ 自販機産業の過去・現在・未来(科博) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.jvma.or.jp/infoma/info_gyo_gekan16.html

期日

2006-10-17.火〜2006-10-26.木(除 土・日)

会場

国立科学博物館産業技術史資料情報センター(三井本館5階)

備考

本展は、日本自動販売機工業会、全国清涼飲料工業会、日本自動販売協会、日本自動販売機保安整備協会の自販機業界4団体が国立科学博物館との共催で行うもので、実機、パネル映像などにより自販機歴史近未来像などをわかりやすく紹介します。

実機コーナーでは、世界最古の自販機とされているエジプトの「聖水自販機」(復元)、日本最初の「自働郵便切手葉書売下機」(レプリカ)をはじめ、昭和初期の発声映写装置付きグリコ自販機(複製)、60年代初頭から中頃に大人気を博した「噴水型ジュース自販機」や現在飲料自販機とは形状がまったく異なる初期のびん入りコカ・コーラ自販機が展示されます。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20061017