Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-30 (土)

[][] 生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵展(弥生美) 20:06  生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵展(弥生美) - 日心月亡 を含むブックマーク

エロティシズムとグロテスク…闇にきらめく妖美の世界

期日

2006-09-30.土〜2006-12-24.日

会場

弥生美術館

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

備考

竹中英太郎の生誕百年を記念する本展では、彼の挿し絵原画を中心に、当時の『新青年』『文芸倶楽部』『主婦の友』等の掲載雑誌や装幀本、戦後の肉筆作品などの資料により、その多彩な挿し絵世界をご紹介します。あわせて、同時代に活躍した橘小夢、水島爾保布、月岡夕美、内藤良治等の作品も展示し、大正末〜昭和初期の妖しくも美しい挿し絵世界へご案内いたします。

拝見

200612

[][] 竹久夢二 音楽デザイン帖 抒情のリズム大正ロマンの調べ♪展(竹久美) 20:06  竹久夢二 音楽デザイン帖 抒情のリズム、大正ロマンの調べ♪展(竹久美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-30.土〜2006-12-24.日

会場

竹久夢二美術館

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

備考

「待てど 暮らせど来ぬ人を♪」で始まる「宵待草」の甘く切ないメロディーは、今なお多くの人々に愛されています。竹久夢二(1884-1934)は「夢二式美人」と呼ばれる独特の美人風俗画で有名ですが、この「宵待草」をはじめ生涯に〈セノオ楽譜シリーズ〉の24曲の作詞を手掛けました。

展覧会では、セノオ楽譜・セノオ新小唄・童謡曲譜など夢二のデザインした楽譜装幀を中心に、併せて大正期の音楽事情を幅広くご紹介します。

拝見

200612


[][] 竹内栖鳳とその弟子たち(山種美) 18:45  竹内栖鳳とその弟子たち(山種美) - 日心月亡 を含むブックマーク

重要文化財《班猫》登場

期日

2006-09-30.土〜2006-11.19.日

会場

山種美術館

http://www.yamatane-museum.or.jp/

備考

出品作品(予定):竹内栖鳳《班猫》《潮来小暑》《憩える車》《艶陽》、上村松園《砧》《蛍》、西村五雲《白熊》、土田麦僊《大原女》、村上華岳《裸婦図》、福田平八郎《筍》、など約50点

近代日本画巨匠竹内栖鳳は、明治大正昭和にわたって日本画壇を率い、東の横山大観、西の竹内栖鳳と並び称せられ、昭和12(1937)年に制定された文化勲章記念すべき第1回を大観と共に受章しています。

本展では当館所蔵の栖鳳作品を中心に、その門下の上村松園、西村五雲、西山翠嶂、橋本関雪、土田麦僊、村上華岳、小野竹喬等の作品を出品致します。愛好家の皆様からご要望の多い重要文化財《班猫》も特別に展示いたしますので、この機会に、これらの巨匠日本画の魅力を再発見していただければと考えております。