Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-30 (土)

[][] 生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵展(弥生美) 20:06  生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵展(弥生美) - 日心月亡 を含むブックマーク

エロティシズムとグロテスク…闇にきらめく妖美の世界

期日

2006-09-30.土〜2006-12-24.日

会場

弥生美術館

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

備考

竹中英太郎の生誕百年を記念する本展では、彼の挿し絵原画を中心に、当時の『新青年』『文芸倶楽部』『主婦の友』等の掲載雑誌や装幀本、戦後の肉筆作品などの資料により、その多彩な挿し絵世界をご紹介します。あわせて、同時代に活躍した橘小夢、水島爾保布、月岡夕美、内藤良治等の作品も展示し、大正末〜昭和初期の妖しくも美しい挿し絵世界へご案内いたします。

拝見

200612

[][] 竹久夢二 音楽デザイン帖 抒情のリズム大正ロマンの調べ♪展(竹久美) 20:06  竹久夢二 音楽デザイン帖 抒情のリズム、大正ロマンの調べ♪展(竹久美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-30.土〜2006-12-24.日

会場

竹久夢二美術館

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

備考

「待てど 暮らせど来ぬ人を♪」で始まる「宵待草」の甘く切ないメロディーは、今なお多くの人々に愛されています。竹久夢二(1884-1934)は「夢二式美人」と呼ばれる独特の美人風俗画で有名ですが、この「宵待草」をはじめ生涯に〈セノオ楽譜シリーズ〉の24曲の作詞を手掛けました。

展覧会では、セノオ楽譜・セノオ新小唄・童謡曲譜など夢二のデザインした楽譜装幀を中心に、併せて大正期の音楽事情を幅広くご紹介します。

拝見

200612


[][] 竹内栖鳳とその弟子たち(山種美) 18:45  竹内栖鳳とその弟子たち(山種美) - 日心月亡 を含むブックマーク

重要文化財《班猫》登場

期日

2006-09-30.土〜2006-11.19.日

会場

山種美術館

http://www.yamatane-museum.or.jp/

備考

出品作品(予定):竹内栖鳳《班猫》《潮来小暑》《憩える車》《艶陽》、上村松園《砧》《蛍》、西村五雲《白熊》、土田麦僊《大原女》、村上華岳《裸婦図》、福田平八郎《筍》、など約50点

近代日本画巨匠竹内栖鳳は、明治大正昭和にわたって日本画壇を率い、東の横山大観、西の竹内栖鳳と並び称せられ、昭和12(1937)年に制定された文化勲章記念すべき第1回を大観と共に受章しています。

本展では当館所蔵の栖鳳作品を中心に、その門下の上村松園、西村五雲、西山翠嶂、橋本関雪、土田麦僊、村上華岳、小野竹喬等の作品を出品致します。愛好家の皆様からご要望の多い重要文化財《班猫》も特別に展示いたしますので、この機会に、これらの巨匠日本画の魅力を再発見していただければと考えております。

2006-09-27 (水)

[] 夏の企画展さかな・魚・肴」(公文書館15:12  夏の企画展「さかな・魚・肴」(公文書館) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060724

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060927

2006-09-24 (日)

[] 版画の青春 生命を描く、大正期『月映』の時代(町田版画美)  版画の青春 生命を描く、大正期『月映』の時代(町田版画美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060805

[] 凹版 銅版画名作展+メゾチント大特集(町田版画美)  凹版 銅版画名作展+メゾチント大特集(町田版画美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060614

[] 伊藤彦造 追悼展 天才絵師100年の軌跡(弥生美) 11:22  伊藤彦造 追悼展 天才絵師100年の軌跡(弥生美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060701

[] 夢二が描く「大正ロマンを飾った女たち」展(竹久美) 11:22  夢二が描く「大正ロマンを飾った女たち」展(竹久美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060701

[] 横浜美術館コレクション展 第2期(横美) 11:41  横浜美術館コレクション展 第2期(横美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060711

[] クリエイターズ 長大作・細谷巖・矢吹申彦(世田美) 11:53  クリエイターズ 長大作・細谷巖・矢吹申彦(世田美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060715

[] 富本憲吉のデザイン空間(松下汐留) 19:51  富本憲吉のデザイン空間(松下汐留) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060722

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060924

2006-09-23 (土)

[][] お殿様の遊芸 楽しみながら描いてみむ(板美) 12:19  お殿様の遊芸 楽しみながら描いてみむ(板美) - 日心月亡 を含むブックマーク

江戸文化シリーズ No.22

期日

2006-09-23.土〜2006-10-22.日

会場

板橋区立美術館

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/

備考

江戸時代のお殿様が描いたユニークな作品を全国から探し出し、一堂に集めます。画家とは一味違う、お殿様の絵を楽しみましょう。

拝見記

http://d.hatena.ne.jp/kashoh/20061020#p3


[] 大正ダニズムと広告展(アドミュ) 12:01  大正モダニズムと広告展(アドミュ) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060801

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060923

2006-09-20 (水)

[][] 特集陳列 タイの青磁(東博18:58  特集陳列 タイの青磁(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-20.水〜2006-12-10.日

会場

東京国立博物館 東洋館第3室 東南アジアの工芸

http://www.tnm.go.jp/jp/

備考

タイ中部のシーサッチャナーライ窯、および北方窯で焼かれた青磁を展示します。中国の青磁に倣いながらも、透明感のある釉色に特色があります。

拝見

200609

前にも同様の特集展示があった。好きな分野なので、また見ることができてうれしい。

[][] 特集陳列 ペルシャの染織(東博18:55  特集陳列 ペルシャの染織(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-20.水〜2006-12-10.日

会場

東京国立博物館 東洋館第3室

http://www.tnm.go.jp/jp/

備考

イラン以前にペルシャで製作された歴史ある錦や日常生活の中で活用された毛織物などを展示します。多様に展開するアジア各国の染織を通して、気候や生活スタイルに沿ったそれぞれの国と地域における染織文化をお楽しみください。

拝見

200609


[] 夏休み特別企画 日本×画展(にほんガテン!)しょく発する6人(横美) 11:37  夏休み特別企画 日本×画展(にほんガテン!)しょく発する6人(横美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060715

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060920

2006-09-18 (月)

[] ようこそ板橋区立美術館へ 近現代寄贈作品お披露目展(板美) 14:59  ようこそ板橋区立美術館へ 近現代寄贈作品お披露目展(板美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060819

[] 一攫千金・商売繁盛 富を求める民俗足立区博) 20:03  一攫千金・商売繁盛 富を求める民俗(足立区博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060722

[] なつの常設展示 印象派から21世紀へ(ブリ美) 17:17  なつの常設展示 印象派から21世紀へ(ブリ美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060715

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060918

2006-09-16 (土)

[][] パリの空のポスター描き レイモンサヴィニャック展(川崎ミュ) 10:40  パリの空のポスター描き レイモン・サヴィニャック展(川崎ミュ) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-16.土〜2006-11-05.日

会場

川崎市市民ミュージアム

http://home.catv.ne.jp/hh/kcm/

備考

戦後フランス、そして世界を代表するポスター作家レイモンサヴィニャック(1907−2002)。あたたかなユーモアにあふれ、見る人の目を釘付けにするウィットに富んだ彼のポスターは、いまなお世界の人々に愛されています。

この展覧会は、大阪サントリーミュージアム天保山〕の充実したコレクションに、当館の所蔵品を加えた約90点で構成され、サヴィニャックの長い画業をほぼ網羅してご紹介する内容です。世代を超えて喜びをもたらす彼のポスターを、どうぞお楽しみください。

■ 展示構成

展示は、ほぼ彼の生涯にそって、次の15章によって構成されます。

1. サヴィニャックサヴィニャックになるまで。(下積み時代)

2. 雌牛のおっぱいから生まれた、あの日。(デビュー期の作品)

3. ユーモアは、サヴィニャックの愛なのだ。(ユーモアに特徴のあるポスター

4. アイデアに、ちちんぷいぷい魔法をかけて。(アイデアが特に優れたポスター

5. 我輩は、生まれる前からパリジャンである。(パリ市関係のポスター

6. その男、ワンマンショーの達人につき。(映画演劇ポスター

7. 気晴らし、ジェットコースター。(イベントポスター

8. 時代を読むか、ハートを読むか。(出版関係のポスター

9. お金で買えないもの。お金で買いたいもの。(金融関係のポスター

10. 旅するほどに、パリが恋しくて。(旅行関係のポスター

11. 生活をキラキラさせる、モノたち。(日用雑貨ポスター

12. 毎日をハッピーにする、食べもの。(食品ポスター

13. 我信じる、ゆえに、我のポスターあり。(不遇時代のポスター

14. サヴィニャック、70歳の返り咲き。(カムバック後のポスター

15. パリの空のポスター描き。(晩年制作

拝見

200610


[] 夢のなかの自然 昭和初期のシュルレアリスムから現代の絵画(館林美) 19:21  夢のなかの自然 昭和初期のシュルレアリスムから現代の絵画(館林美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-16.土〜2006-11-26.日

会場

群馬県館林美術館

http://www.gmat.gsn.ed.jp/

備考

人間の心理に潜む不可思議な世界を現出させようとしたシュルレアリスム芸術は、昭和初期の日本に紹介され、反響を得て流行をつくりだしました。当時の若い作家たちはなぜこうした芸術思潮に惹かれていったのでしょうか。それを読み解く鍵として、この展覧会は「自然」の表現に注目しました。また、同様の視点で現代日本の絵画を概観したとき、そこにはどのような自然観が見えてくるのでしょうか。昭和初期から現代を照射することで、絵画や写真における自然表現の意味をさぐります。

http://www.art-index.net/art_news/2006/09/post_10.html

[] 家族の情景展 日本家族を考える(茨城近美) 19:27  家族の情景展 日本の家族を考える(茨城近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-16.土〜2006-11-05.日

会場

茨城県立近代美術館

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

備考

近現代美術に表れた家族の情景を紹介。石井柏亭、松本竣介、山口薫、野田哲也、奈良美智など。

平和で愛情に満ちた団らん風景からどこか疎外感を伴う家族の像まで,時代を追って変わっていく家族像,逆に変わることのない家族普遍性日本画洋画,版画,彫刻,写真等の作品約100点により紹介。

構成:

第1章 いま,家族とともにある幸せ - 家族の理想と現実

第2章 家族を巡る5人の洋画家

第3章 こころ,離れるとき - 家族の不在


[][] ヨーロッパ絵画の400年 ウィーン美術アカデミー名品展(東郷美) 19:16  ヨーロッパ絵画の400年 ウィーン美術アカデミー名品展(東郷美) - 日心月亡 を含むブックマーク

ルネサンスから近代まで− クラナハ、ルーベンスレンブラント

期日

2006-09-16.土〜2006-11-12.日

会場

損保ジャパン東郷青児美術館

http://www.sompo-japan.co.jp/museum/index.html

備考

ウィーン美術アカデミー(ウィーン美術大学)とは?

 1726年に設立されたオーストリア美術教育の殿堂。美術アカデミー付属絵画館ウィーン最古の公共美術館で、そのコレクションはルネサンスから近現代に至る名品で構成され、ウィーン美術史美術館に次ぐ規模を誇っています。

ハプスブルク黄金時代のコレクション!

このコレクションは、女帝マリア・テレジアに仕えたランベルク伯爵(1740~1822)から遺贈された740点の絵画が基礎となっています。当時のウィーンは、モーツァルトシューベルトが活躍し、文化・芸術の中心地でした。ウィーン歴史と美を堪能できる作品群です。

展覧会の見どころは?

ドイツルネサンス巨匠クラナハの板絵4点、ルーベンス、ファン・ダイク、レンブラントなど17世紀バロック作家スペインのムリーリョ、イタリアのグアルディ、アカデミーの教授たちの作品など約80点で、ウィーンで守り愛されてきた400年に亘るヨーロッパ絵画の流れを展観いたします。

2006-09-12 (火)

[][] ベルギー王立美術館展 ブリューゲルからデルヴォーまで(西美) 11:48  ベルギー王立美術館展 ブリューゲルからデルヴォーまで(西美) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://event.yomiuri.co.jp/royal/

期日

2006-09-12.火〜2006-12-10.日

会場

国立西洋美術館

http://www.nmwa.go.jp/index-j.html

備考

ブリュッセルベルギー王立美術館の所蔵作品より、16世紀のフランドル絵画から印象派象徴主義を経て20世紀の超現実主義(シュールレアリスム)絵画まで、およそ400年にわたるベルギー絵画の歴史を紹介します。

ブリューゲルをはじめ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、クノップフ、アンソール、さらにはマグリットデルヴォーらまで、油彩とデッサン合わせて100余点の名品を展示します。特に半世紀以上ベルギーから出ることのなかった「イカロスの墜落」は、本展の目玉作品のひとつです。

拝見

200609


[][] おふだ ベルナール・フランクコレクション(町田市博) 10:28  おふだ ベルナール・フランクコレクション(町田市博) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-12.火〜2006-10-22.日

会場

町田市博物館

備考

フランス人日本仏教研究家で、日仏会館館長、コレージュ・ド・フランス教授などを務めた故ベルナール・フランク氏が、1950年代初頭の初来日時から収集されたおふだの数々の中から約300点を選び前後期の2期にわけ紹介します。同氏収集の資料の大半は自ら各地社寺を訪ね集めたといいます。フランク氏は、これらおふだの画像分析を行い日本人宗教心意に迫りました。


[][] 特集陳列 懐月堂派の肉筆浮世絵東博12:39  特集陳列 懐月堂派の肉筆浮世絵(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B01&processId=01&event_id=3465

期日

2006-09-12.火〜2006-10-22.日

会場

東京国立博物館 本館特別2室

http://www.tnm.go.jp/jp/

備考

宝永年間(1704〜1711)頃、懐月堂安度(かいげつどうあんど)は浅草諏訪町に工房を構え、5人の優れた門人を従えて数多くの肉筆浮世絵制作しました。研ぎ澄まされた大胆な筆致と明快な彩色によって描き出された立美人図は、同時代のみならず後々の絵師にも大きな影響を与えました。

このたび、江戸で一世を風靡した懐月堂派の作品を特集陳列いたします。まるで浅草にあった安度の工房に迷い込んだような感覚に襲われることでしょう。江戸の人々を魅了した懐月堂美人の揃い踏みを、ぜひご堪能ください。

拝見

200609

2006-09-10 (日)

[][] 光の水墨画 近藤浩一路の全貌展(練馬区美) 12:18  光の水墨画 近藤浩一路の全貌展(練馬区美) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.city.nerima.tokyo.jp/museum/tenji/kouichiro.html

期日

2006-09-10.日〜2006-10-15.日

会場

練馬区美術館

http://www.city.nerima.tokyo.jp/museum/

備考

水墨画の世界に独特な光を取り込んで近代日本の絵画史に足跡を遺した近藤浩一路(1884−1962)は山梨県南巨摩郡の南部町に生れました。早くから画才を発揮して、東京美術学校の西洋画科に学び、在学中には早くも白馬会に入選を果たします。卒業後は文展などに出品して洋画家として歩みはじめましたが、 1915年大正4)に読売新聞入社後は漫画挿絵担当して人気を博し、この頃からモノクロームによる描画への興味から同業だった川端龍子小川芋銭らと親交して「東京漫画会」や「珊瑚会」でともに水墨画研究し始めます。同時に日本美術院の横山大観にも認められ、院展の水墨画家として再出発を果たします。1922年大正11)のフランス滞在を契機に、洋画風の光線表現を融合した独自な水墨画を編み出し、《鵜飼六題》などの名作を以後つぎつぎと発表しました。1936年昭和11)に院展脱退後、戦時中も旺盛な創作を続けて光と影の調和に満ちた画風をみがき、日本各地の風景を情感こめて描きました。戦後日展に出品しながら、没するまで多様な水墨表現を試み、その画業は現在まで高い評価を受けています。

本展は、生誕120年を機に浩一路の代表作を一堂に集めるとともに、不断に刺激しあった同時代の画家たちの水墨作品を併せて紹介し、浩一路芸術の全貌に迫ります。

[] 所蔵資料展「むかしの道具」(新宿歴博19:58  所蔵資料展「むかしの道具」(新宿歴博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060722

[] ちょっと昔を探してみよう 1960年代 くらし・教室・遊びの風景横浜歴博17:25  ちょっと昔を探してみよう 1960年代 くらし・教室・遊びの風景(横浜歴博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060715

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060910

2006-09-09 (土)

[][] クリーブランド美術館女性美の肖像 モネルノワール、モディリアーニ、ピカソ(森アーツ19:31  クリーブランド美術館展 女性美の肖像 モネ、ルノワール、モディリアーニ、ピカソ(森アーツ) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://roppongihills.com/jp/events/macg_clevelandart.html

期日

2006-09-09.土〜2006-11-26.日

会場

アーツセンターギャラリー

http://roppongihills.com/jp/macg/

備考

クリーブランド美術館アメリカオハイオ州)は、世界中から収集された40,000点以上にのぼる所蔵品を有する全米屈指の総合美術館です。本展は、同館が誇る近代美術コレクションの中から、日本初公開の50点を含む、選りすぐりの60点を紹介するものです。モネルノワール、ドガ、セザンヌゴッホゴーギャンなどの印象派・後期印象派の作品から、近代彫刻の先駆者ロダン、そして、マティスピカソマグリットなどの20世紀美術まで、西洋近代美術の流れを概観することができます。また、ルノワールの《ロメーヌ・ラコー》、モネの《赤いスカーフモネ夫人の肖像》、モディリアーニの《女の肖像》(3点とも日本初公開)等、魅力的な女性ポートレート作品が数多く含まれているのも本展の特徴のひとつです。

拝見

200611


[][] インド民族アート ミティラー美術館 in Shibuya(たば塩博) 19:28  インドの民族アート ミティラー美術館 in Shibuya(たば塩博) - 日心月亡 を含むブックマーク

中越地震復興記念

期日

2006-09-09.土〜2006-10-15.日

会場

たばこと塩の博物館

http://www.jti.co.jp/Culture/museum/WelcomeJ.html

備考

日本で日印交流の中心的役割を果たしている新潟県十日町市のミティラー美術館中越地震で甚大な被害を受けた同館が所蔵するミティラー画をはじめとする民族アートのコレクションを中心に、復興作業の援助に来日したアーティストにより新たに作られた作品もあわせて紹介します。


[][] NHK日曜美術館30年展(藝大美術館15:16  NHK日曜美術館30年展(藝大美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-09.土〜2006-10-15.日

会場

東京藝術大学大学美術館

http://www.geidai.ac.jp/museum/

備考

美術番組の草分け的存在である「日曜美術館」は、1976年の放送開始から1500回を超える長寿番組です。毎回多彩な出演者が語る美術案内は、一般的な美術鑑賞とは異なる斬新な視点でファンを魅了してきました。このたび、2006年で放送開始30年を迎えるにあたり、記念展を開催します。

本展では、今までの放送で取り上げた作品・作家の中から、厳選した名品を中心に構成するとともに、懐かしい番組出演者が語る映像や、作家制作過程など貴重な映像を交えながら紹介します。

名品と映像が織りなす、夢の美術案内をお楽しみください。

2006-09-08 (金)

[][] 美人エハガキ 明治大正昭和美人ファッション(ていぱーく) 19:40  美人エハガキ 明治・大正・昭和美人とファッション(ていぱーく) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-08.金〜2006-10-01.日

会場

逓信総合博物館 ていぱーく 3階企画展コーナー

http://www.teipark.jp/

備考

日本で私製絵はがきの発行が許可されたのは、明治33(1900)年。その後、情報の少なかった時代に戦況報告や流行を知るツールとして瞬く間に人気を博しました。

今展では、いわゆる「美人絵はがき」と呼ばれる絵はがきを軸に明治大正昭和初期のファッションデザイン流行を紹介。

併せて郵便外務員などから想を得たデザイングッズも展示します。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060908

2006-09-05 (火)

[][] 特集陳列 ヨーロッパ先史時代 プロイセン王国博物館交換品(東博12:35  特集陳列 ヨーロッパ先史時代 プロイセン王国博物館交換品(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B01&processId=01&event_id=3064

期日

2006-09-05.火〜2006-12-03.日

会場

東京国立博物館 東洋館第10室

http://www.tnm.go.jp/jp/

備考

100年前、ドイツ人アドルフ・フィッシャーの仲介でプロイセン王国博物館(今のベルリン博物館群)と東京帝室博物館(今の東京国立博物館)が作品交換を行ったとき、歴史部長三宅米吉(みやけよねきち)が日本の考古資料数十点をアドルフに託し、代わりにヨーロッパの考古資料を求めました。プロイセン王国博物館は、当時最新の出土品を含むドイツデンマークスウェーデンポーランドハンガリーの石器・土器青銅器を選び、日本に送りました。

この特集陳列では、100年前にもたらされたヨーロッパ考古資料を紹介するとともに、日本にも世界の考古学の成果を届けようとした2つの博物館の願いを回顧いたします。

拝見

200609

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060905

2006-09-03 (日)

[] できゆくタワーの足もとで 昭和30年代のくらし(たてもの園) 19:40  できゆくタワーの足もとで 昭和30年代のくらし(たてもの園) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20051123

[] 中近東の土偶(中近東文化センター10:33  中近東の土偶(中近東文化センター) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060722

[] 熊田千佳慕展 花、虫、スローライフの輝き(目黒区美) 11:30  熊田千佳慕展 花、虫、スローライフの輝き(目黒区美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060624

[] 山名文夫と熊田精華展 絵と言葉センチメンタル目黒区美) 11:30  山名文夫と熊田精華展 絵と言葉のセンチメンタル(目黒区美) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060624

[] 特集展示 黄色い箱の思い出(江戸博) 19:47  特集展示 黄色い箱の思い出(江戸博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060606

[] 特集陳列 動物 親と子のギャラリー 博物館動物園東博20:25  特集陳列 動物 親と子のギャラリー 博物館の動物園(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060704

[] 特集陳列 中国北方青銅器(東博05:09  特集陳列 中国北方青銅器(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060606

[] 特集陳列 朝鮮うちわ東博05:19  特集陳列 朝鮮のうちわ(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060719

[] 特集陳列 文化庁購入文化財展「新たな国民のたから」(東博12:27  特集陳列 文化庁購入文化財展「新たな国民のたから」(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

初日 id:kashoh:20060808

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060903

2006-09-02 (土)

[][] リール近代美術館所蔵 ピカソとモディリアーニの時代(ザ・ミュ) 11:46  リール近代美術館所蔵 ピカソとモディリアーニの時代(ザ・ミュ) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-09-02.土〜2006-10-22.日

会場

Bunkamura ザ・ミュージアム

http://www.bunkamura.co.jp/museum/

備考

19 世紀末の印象派の後に新しい絵画運動として現れたフォーヴィスムから20世紀モダンアートは始まります。そしてさまざまな表現方法が生まれたのがこの時代です。本展では、その中でもキュビスムピカソやモンパルナス派のモディリアーニの作品をはじめ、ブラック、レジェ、カンディンスキーやミロといった 20世紀の代表的な画家たちのクールな作品を、北フランスヴィルヌーヴ・ダスクにあるリール近代美術館の所蔵品で展開いたします。

拝見

200609


[][] 千葉大学附属図書館亥鼻分館所蔵 浮世絵に見る薬と病い(千葉市美) 12:12  千葉大学附属図書館亥鼻分館所蔵 浮世絵に見る薬と病い(千葉市美) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2006/0902/06_0902.html

期日

2006-09-02.土〜2006-10-29.日

会場

千葉市美術館

http://www.ccma-net.jp/

備考

「病い」はいつの時代においても人々の恐怖の対象でした。それは死へとつながる場合があったからです。しかし、時代がたつと、その「病い」を克服する「薬」を人間が作り出していきました。しかしそれは、かなり高価なものでもあり、そこに「呪い(まじない)」や神仏への信仰が行われる余地があったのです。

江戸時代には、医術も前時代よりはかなり進歩し、「病い」に対する「薬」も多く出まわりました。「薬屋」という商売が成り立ったのもこの時代からと思われます。そこで、「宣伝」が必要になったのか、当時広く庶民の間に求められた「浮世絵」や「瓦版」が薬の宣伝に利用されています。

千葉大学附属図書館亥鼻分館には、往時に医学部で集められた、そのような「医事資料」が収蔵されています。そこで今回その一部を公開し、江戸時代の庶民の「健康観」を紹介いたします。

仮題:江戸の医学書や健康浮世絵って、どんなもの?

千葉大学図書館亥鼻分館には、最新の医学書・薬学書ばかりでなく、江戸時代に刊行されたものも多数所蔵しています。その中から、絵入りの医学書・本草書や、病気・身体・健康に関するものを題材とした浮世絵を展示します。

大好き!医術もの……見に行きたい!

同時開催

東海道・木曾街道〜 広重 二大街道浮世絵

9月5日(火)-10月9日(月・祝)

企画展につき別料金になります。

美術館ボランティアが選ぶ 千葉市美術館コレクション

10月17日(火)-12月3日(日)

※同時開催中は、ひとつの観覧券で両方ご覧いただけます。

広重浮世絵より、後者のほうに引かれる。

2006-09-01 (金)

[] ふるさと切手「第61回国民体育大会11:12  ふるさと切手「第61回国民体育大会」 - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/furusato/2006/h180901_f.html

 「“ありがとう”心から・ひょうごから」をスローガンに、50年ぶりに兵庫県で開催される「第61回国民体育大会愛称:のじぎく兵庫国体)」を記念し「ふるさと切手」を発行します。

 切手の発行を通じ、国民に広く「国体」の開催をPRするとともに、阪神淡路震災時に寄せられた支援に対する感謝の気持ちを込めて、復興を成し遂げようとする兵庫の姿をアピールします。

・「のじぎく」はキク科の花で、10〜12月にかけて白い花が咲きます。第61回国民体育大会の開催地である兵庫県県花です。

・「はばタン」は阪神・淡路大震災から復興する兵庫の姿を象徴した羽ばたくフェニックス不死鳥)をデザインしています。

発行枚数

近畿】1,500千枚 【全国】3,500千枚

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060901