Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-29 (土)

[] 棟方志功御大弁財天御妃尊像図」(美の巨人たち10:59   棟方志功「御大弁財天御妃尊像図」(美の巨人たち) - 日心月亡 を含むブックマーク

夏休み美術館へ行こう シリーズ(1)

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

放送局

テレビ東京

備考

ロケ地日本

彼は、言います。「版画とは板の命を彫り起こすこと。つくるものではなく、生まれてくるもの」。

版画家棟方志功は、壮絶な板との格闘の一方で、常にもうひとつの世界にあこがれ続けていました。それは、肉筆画です。

彼はこんなことも言っています。「版画は僕の呼吸そのもの。肉筆画は筆が勝手に動き出す、油絵を描いているときが一番楽しい」。そんな彼が油への道を諦め、版画という道を突き進んで行った理由とは?

視聴

しなかった。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060729