Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-11 (火)

[][] 特集陳列 唐様の書(東博14:56  特集陳列 唐様の書(東博) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B06&processId=00&event_id=3343

期日

2006-07-11.火〜2006-08-06.日

会場

東京国立博物館 本館特別1・特別2室

http://www.tnm.go.jp/jp/

備考

 江戸時代前期、明の禅僧・隠元(いんげん)らの来日とともにもたらされた中国書法(唐様の書)は、これ以後、僧侶や儒者文人らを中心に大いに広まりました。この特集陳列では、唐様の時代的展開を館蔵品と寄託品から紹介するとともに、江戸時代中期の池大雅(いけのたいが)と彼に関わる人々の書跡を展示し、唐様の書の流れと彩りをご覧いただきます。

 なかでも注目作品は、江戸時代後期以来所在不明で昨年巷間に出現した池大雅筆「水流帖」(原本)です。杜甫(とほ)や李白(りはく)の詩から撰んだ五言詩三十六句を篆隸楷行草(てんれいかいぎょうそう)の各書体で書き分け、淡墨(たんぼく)で折帖(おりじょう)に揮毫(きごう)したもので、晩年50代の筆と推定されます。詩情と筆致が一体化し、悠揚迫らぬ書風は、自然体を志向した生き様と、文人の書の高みを思わせます。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060711