Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-25 (日)

[] 「穢い絵だが生きている~大正画壇の鬼才・甲斐庄楠音~」(新日曜美術館 「穢い絵だが生きている~大正画壇の鬼才・甲斐庄楠音~」(新日曜美術館) - 日心月亡 を含むブックマーク

放送局

日本放送協会 教育デジタル教育1

備考

大正時代、毒のある女性像で一世を風びした画家甲斐庄楠音京都の雅(みやび)な家柄に生まれ、雅の底にある澱(よどみ)を見つめながら独特の美意識をはぐくむ。やがて女形を演じ、心に女を宿して描くというアプローチから、生々しい女性像を生みだす。画壇の先輩から「穢(きたな)い絵」と言われ、映画界へ転向するものの、最後までこだわったのはやはり生きた女の絵。楠音が「穢い絵」の奥に表現したかったものを探る。

視聴

していない。甲斐庄楠音には、すごく興味があるが。この本で知ったのだとおもう。

怖い絵
久世 光彦
4167581019

ことし、絵葉書の集友から広島県美術館/蔵「横櫛」(1918)の絵葉書をいただいた。展覧会などで作品を実見したい。岩井さんの著書表紙に使われた作品名も「横櫛」らしい。

ぼっけえ、きょうてえ
岩井 志麻子
4043596014

番組には松井冬子さんがゲスト出演していたのか……。見ればよかったかな。横美「日本×画展」で作品を見るのを楽しみにしよう。

http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060715/1151289344

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060625