Hatena::Groupmemorandum

日心月亡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-30 (火)

[][] 所蔵作品展 近代日本の美術 060530-060730(近美)  所蔵作品展 近代日本の美術 060530-060730(近美) - 日心月亡 を含むブックマーク

Modern Japanese Art from the Museum Collection

http://www.momat.go.jp/Honkan/permanent20060530.html

期日

2006-05-30.火〜2006-07-30.日

  • 前期:2006-05-30.火〜2006-06-25.日
  • 後期:2006-06-27.火〜2006-07-30.日

会場

東京国立近代美術館

http://www.momat.go.jp/

出品作品

http://www.momat.go.jp/Honkan/list20060530.html

備考

4階特集コーナー:古賀春江

3階版画コーナー:都市の闇 マックス・ベックマンとジョージ・グロスの版画集より

拝見記

前期 http://d.hatena.ne.jp/kashoh/20060616

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060530

2006-05-27 (土)

[][] 外苑80年記念展「二世五姓田芳柳と近代洋画の系譜」(明治神宮) 19:26  外苑80年記念展「二世五姓田芳柳と近代洋画の系譜」(明治神宮) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-05-27.土〜2006-07-02.日

会場

明治神宮文化館 宝物展示室

http://www.meijijingu.or.jp/japanese/homotsu/index.htm

備考

 今年は外苑が明治神宮に奉献されて80年。これを記念して、外苑の中心をなす聖徳記念絵画館の意義を明らかにすべく、特別展を開催しております。

 聖徳記念絵画館には、御祭神のご事績を伝える和洋80枚の大壁画があります。この壁画制作の進行を支えたのが、二世五姓田芳柳(にせいごせだほうりゅう)でした。本展は、二世芳柳を軸に日本近代洋画における歴史画の系譜をたどり、絵画館の壁画への道のりを再考するものです。

 《主な出品作家》二世五姓田芳柳、チャールズ・ワーグマン、高橋由一、五姓田義松、山本芳翠、黒田清輝、藤島武二、青木繁など

拝見

http://d.hatena.ne.jp/kashoh/20060702

書籍

美術という見世物―油絵茶屋の時代
木下 直之
4480084959

日本近代美術史論
高階 秀爾
4480089896

『美術という見世物』は既読。『日本近代美術史論』は未読。

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060527

2006-05-13 (土)

[][] 緑雨の景観 美しき日本の自然(山種)  緑雨の景観 美しき日本の自然(山種) - 日心月亡 を含むブックマーク

http://www.yamatane-museum.or.jp/html-exhibiton/ex421.html

期日

2006-05-13.土〜2006-06-25.日

会場

山種美術館

http://www.yamatane-museum.or.jp/

拝見記

http://d.hatena.ne.jp/kashoh/20060624

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060513

2006-05-09 (火)

[][] 企画展示 上野公園開園130周年記念 昔日の上野公園(台東下町館) 17:14  企画展示 上野公園開園130周年記念 昔日の上野公園(台東下町館) - 日心月亡 を含むブックマーク

期日

2006-05-09.火〜2006-09-24.日

会場

台東区下町風俗資料館

http://www.taitocity.net/taito/shitamachi/

備考

上野公園は今年、開園式典から数えて130周年を迎えました。上野の山とその周辺は、もとは寛永寺の所領でした。時代が明治と改まった後、この広大な土地は紆余曲折を経て公園地となり、明治9年(1876)5月9日に盛大な開園記念式典が行われました。以来、長い時を重ねてきた上野公園。昔から変わらぬ風情を各所に残す一方で、時代ごとに移りゆく景観がありました。今回の企画展示では、その歴史物語写真資料を中心に明治から昭和初期の上野公園の様子を紹介します。

拝見

200608

トラックバック - http://memorandum.g.hatena.ne.jp/kashoh/20060509